31,2015 白玉とつぶあんでおやつ READ MORE

 29,2015 ピーナッツバターとジャムのクッキー READ MORE

 29,2015 ニョッキ:セージ、きのこ、ほうれん草のクリームソースで READ MORE

 28,2015 カナダの12月 25日の過ごし方 READ MORE

 28,2015 エルニーニョ READ MORE

 27,2015 残り物で家飲み READ MORE

 26,2015 熱々ブレッドプディング ラム酒のタフィーソースがけ READ MORE

 25,2015 鴨胸肉の燻製:洋梨とメープルバルサミコリダクション READ MORE

welcome-image-photo
白玉とつぶあんで2015年最後のおやつ。日本から半日遅れで大晦日の午後。やっと座って一息つくことが出来ました。仕事がずっと鬼のように忙しかったのと、今までの暖冬が、幻だったのか?と思うような雪嵐が来ました。この後、友達家族と忘年会。カナダに来てからずっと仲良くしてくれている友達家族。心から感謝です。遠く離れてしまってなかなか会えないけど、季節がめぐるたびに元気にしているかなと、思いを馳せる友達、い...
北米の子供のサンドイッチといえば、ピーナッツバターとジャムを挟んだものが一般的だったりする。初めて、このピーナッツバターとジャムのコンビネーションを聞いたときはぎょっとしたけど、実際食べてみたら、結構美味しかった。ピーナッツバタークッキーを焼いたときに、ついでにジャムも絞り、ピーナッツバタージャムクッキーを焼いてみた。使ったジャムは、庭で収穫したラズベリーで作ったジャム。普通のピーナッツバタークッ...
シンプルなジャガイモのニョッキは、ソースで印象がガラッと変わる。たっぷりのニンニクを、これまたたっぷりのバターを溶かして香りよく炒めて、茹でたニョッキをきつね色にソテーする。好みのきのこも加えて炒め、きのこがしんなりしてきたら鍋肌にじゅわーっと辛口の白ワインを回しかける。ワインの後に生クリームも回しかけ、軽く煮立ってきたらサラダ用のほうれん草を一掴みと刻んだセージを投入。ほうれん草がしんなりして、...
オーブンでローストする準備が出来た丸鶏。クリスマスイブはいつも、特別な食事はしません。夫と息子は、イブの夜の礼拝のために教会に出かける。家庭によって、祝い方はさまざま。同僚のソムリエは、24日に家族でディナー。鴨を焼いてブルーベリーのソースを添えると言っていた。24日は友達と過ごしたり、25日は家族、親戚勢ぞろいでディナーだったり。カナダは多国籍の国。いろんな人種、文化、宗教、国籍が入り混じってカ...
エルニーニョの影響を受けて、暖冬のカナダ。雪が降らず、その代わり毎日雨が降り、薄暗いグレーの日々が続きましたが、クリスマスイブの日にやっと太陽が戻ってきてくれました。しかも気温がなんと15度。(でも、27日にみぞれ混じりの雪が降りました!)23日の空。ずーっとこんな鬱々とした天気が続いていました。眩しい太陽の日差しで早く目がさめて、ぽんちゃんの散歩に出かけることにしました。雪のない風景は、まるで10...
クリスマスが終わり、色んな中途半端な食材、料理が冷蔵庫に一杯残っている。クリスマスの翌日の26日、ボクシングデーと言って、一年で一番大きなセールの日。息子が友達の車に乗って買い物に出かけ、(16歳から車の運転が出来ます)晩御飯要らないというので、夫と二人、残り物で飲むことにした。残飯整理だけど、食器はガラスの器以外、全部ロイヤルコペンハーゲンで楽しんだ。これは、さばの燻製。切っただけ。熟したトマト...
クリスマスの朝食、何が良いか家族に聞いたけど、適当な返事ばかり。いつもクリスマスイブの夜はだらだらと夜更かしするので、クリスマスの朝は眠たい。朝から料理するのが面倒なので、イブの夜にブレッドプディングを仕込んでおいた。ブレッドプディングは、フレンチトーストの器焼きみたいなもの。卵と牛乳、砂糖とシナモンバニラを混ぜ、その卵液にレーズンやクランベリー、刻んだパンを一晩漬け込んでおく。翌朝、器に入れてオ...
一年でもっとも仕事の忙しい12月。レストランは、24,25,26日と閉まるので、やっと私もクリスマス休暇が始まりました。24日の朝に買い物とぽんちゃんの散歩を済ませ、午後は何にもしないと決めていました。昼過ぎから飲むぞ、と。とっておきの赤ワインと、鴨胸肉の燻製、タイミングをはかって熟させておいた洋ナシ。これだけじゃちょっと寂しいので、チーズ二種類と蜂蜜、クロスティーニも。塩加減も、スモークの加減も完...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。