スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダの11月:モンブランカップケーキ

 02,2016 20:02
FullSizeRender_20161102200154eca.jpg

10月末から11月はじめ、
紅葉が終わり、最低気温が0度前後になる頃に
イタリアの栗が、スーパーで購入できるようになります。
カナダの11月、といっても、カナダでモンブランが日本のように購入できるわけではなく、
自分で作らなければ売っていないのです。
私にとって、モンブランは11月の味覚。

大きなイタリアの栗で渋皮煮を作って、体力、気力共に消耗してしまったので、
凄く簡単にカップケーキのモンブラン。
スポンジに生クリームと渋皮煮を乗せて、モンブランクリームのウネウネを絞って、
仕上げにもう一個渋皮煮乗っけました。

器は、ヴィンテージのノルウェイ、フィッギオ Figgjo のバターカップと
アラビアのルスカ。
紅葉が綺麗だなーと思っていたら、あっという間に散って、
先日、雪が降りました。

先日は、優しいお気遣いのメッセージを頂きました。
心から感謝しています。
ありがとうございます。

Chestnut cream frosting cupcake (Mont Blanc)
and candied chestnut with my favorite vintage Nordic table ware.

関連記事

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。