スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトのブルスケッタ:落合務のパーフェクトレシピより

 24,2015 08:17


キーンと冷やしたケッカ(トマト)ソースを
ブルスケッタ
(パンをトーストして、切ったニンニクの断面をこすりつけ、オリーブオイルをかけたもの)
にたっぷりのせた。

暑くなると、食べたくなるのがトマトのブルスケッタ。




トマトは湯向きして皮をむき、
水っぽくならないように、種をしっかりとってしまう。
種の部分は酸味も強いので、面倒でもとったほうが仕上がりも美味しい。

落合シェフのレシピ本で何度も出てくる言葉が
”乳化”
水分と、オイルをしっかり混ぜることで、
とろっとまろやかなソースが生まれる。

ケッカソースは、
トマトの水分をオリーブオイルとしっかり乳化させるのがポイント。




トマトの味が物足りなければ、隠し味に蜂蜜。
ちぎったバジル、塩コショウ、すりおろしたニンニク、
ワインビネガー、上質のオリーブオイルで調味する。

乳化させることが、とても大事なポイントになる。




茹でたて熱々のペンネとつめたいケッカソースというのも美味しいらしい。
魚のムニエルのソースにしたり、カツレツのソースにしたり。
いろいろ活用できるそうなので、
トマトが旬の夏の間に
何回もケッカソースを作って食べようと思う。

近所の農家が作るプチトマトはとっても味が濃くて甘い。
もうそれだけで食べて十分美味しい。
今からものすごく待ち遠しい。




関連記事

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。