スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンちゃん入院

 06,2015 22:09
2015080711410365f.jpg

今朝はいつもどおり散歩に行き、朝食も全部食べたのですが、
お昼前に食べたもの全て、二回吐いてしまい、
胃の具合が悪いのかと、今日は絶食にしないとな、と思っていました。
私は午後に病院の予約があったので、出かける準備をしていると、
ポンちゃん、げぶげぶし始め、バスルームの床が、
胃液の水溜りになるくらい大量に吐き続けました。

夫にすぐに帰宅してもらうように電話し、入れ替わりで私は病院に。
私の診察が終わって帰宅すると、ポンちゃんぐったり、
大量の胃液を吐き続けています。
下痢はなく、何か異物を食べて、
腸閉塞を起こしているのか?と一瞬不安になりますが、
悪戯をした形跡は全くありません。

ポンちゃん、持病のアジソン病があり、生きるために12時間おきに投薬します。
でもこの吐き気では薬を飲めない、吐き気があまりにも強くて、
ふらふら歩けないので、急遽、病院に連れて行きました。

後部座席にぐったりと横たわりますが、車の振動で吐き気が増悪、
病院に着くと足が攣って、腰が抜けて一歩も歩けず、夫が抱きかかえて病院内へ。
その姿を見て私は涙腺崩壊。

先生はきっと激しい胃炎?
ゴールデンなので、もしかしたら、最悪、誤飲の腸閉塞?
アジソン病があるので、体調を崩すと一気に悪化するので、
電解質のバランスも崩れ、脱水症状が悪化したのだろうと
いう事で、点滴投与、一晩入院することに。

私が泣き腫らした目をしているのを見て、
先生がERの中に連れて行ってくれました。
ポンちゃん、さっき死にかけてるように見えたのに、
点滴のおかげで元気が回復してきて、
尻尾をわずかに振って、クンクンなきます。
可哀想に、目が落ち窪んでしまっています。

とりあえず、今後の治療方針のプランを提示してもらって、先ほど帰宅。

年に一度、死に掛けるのですが、今年は2回目。
人生4度目の入院です。

それにしても、私が休みの日で本当によかった。




関連記事

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。