スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダの1月 おせち料理

 01,2016 23:58
16o2.jpg

明けましておめでとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いします。

昨年末は仕事が本当に忙しくて大変でした。
その上、高速道路で交通事故に遭ってしまい、
車が大破。
奇跡的に私は無傷、でも車は廃車。
本当に幸運でした。
一歩間違えていたら、ほんの一瞬でも、ほんの少しの空間がずれていたら、と
無残な姿になった車を見て、心の底からぞっとしました。

翌日、朝一番に車を購入、仕事も休まず継続。

全くおせち料理を作る時間がありませんでした。
おせち料理のお料理教室に参加する友達にお願いして、
田作りや金団、なます、焼き物などのおせちはぎりぎり入手できました。


16o1.jpg

やっぱり、お煮しめとお雑煮は頂きたいので、元旦の午後に頑張って作りました。
昨年末は忙しかったけれど、とりあえず材料だけは買えるだけ買っておきました。
お餅は手作りのものを、友達から分けてもらいました。

海外に住んでいると、日本の四季折々の生活文化や食生活から
どうしても遠ざかってしまいがちですが、
海外移住組同士助け合い、工夫して少しでも日本らしく年を越せています。
本当に、ありがたく思います。

昨晩は、友達家族とすき焼きをいただいて、その後、こちらでも紅白をみました。
若い人達は、もう名前も分からないです。大所帯のグループが、とても多いのですね。
知っているベテランさんたちは、皆さんお年を召されて、本当に時の流れを感じます。

何とか無事、穏やかな元旦を迎えることが出来ました。

日本のような豪華なおせちは、材料がどうしても揃わないので限界があります。
それでもやっぱり、日本人として、元旦におせちを頂きたい。
若い頃は、おせち料理に対して何とも思わなかったのですが。
祝い箸もないし、お屠蘇もない、そしてお正月飾りも準備できませんでした。
意外なことに、今回このおせちのテーブルを一番喜んでくれたのは、16歳の息子でした。

カナダのお正月は祝日で、国中大抵どこのお店も閉まっています。
でも、日本の三が日のように祝うことはなく、翌日からは平常運転です。
特にお正月料理、というようなものはない気がします。
職場のレストランは、元旦は閉まっています。
大晦日の昨晩は、特別なコースディナーのメニューでした。
毎年遅くまでサービスが続きますが、私はお休みをいただけました。

明日、新しい車をディーラーに受け取りに行くことになっています。
二日は何事もなかったかのように、お店もいつもどうりに営業しています。

クリスマス、新年と、年末年始を挟んで2週間以上休みを取る人も多いのですが、
そろそろ現実に戻る日が近づいてきて、
ちょっとブルーな気分になっている人も沢山いるのでは、と思います。


関連記事

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。