スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダの1月 凍える森

 17,2016 10:01


201601111039297e8.jpeg

音もなく静かに流れる、黒く冷たい小川。

例年に比べると、とても暖かい冬なのですが、
それでもマイナス20度以下に冷える日もぼちぼちあり、
雪もようやく積もりました。


20160111104215eb6.jpeg

広い川岸に風をさえぎるものはなく、川の側に近づくだけで温度が急激に下がり、
体の芯まで凍てつきます。
いつもなら、川は深くまで凍りついて、向こう岸まで歩いて行ける程なのですが、
今年の一月は、まだシャーベット状の水。
水遊びが好きなポンちゃんですが、さすがに水の中には入りませんでした。

20160109070851930.jpeg

細い低木の枝が、厚い氷に覆われています。
氷雨、フリージングレインが降ると、雨の触れた物全てが瞬間に凍てついて氷に覆われて、
一面、氷の世界になります。
大きな大木などは、氷の重さに耐え切れず、裂けてしまう事もあります。
大きな嵐になった時、電柱や電線が氷雨で凍てついてしまい倒壊し、
大規模な停電を引き起こしたことがあります。

201601090709104bd.jpeg

午後2時前なのに、なんだか薄暗い太陽です。
白夜って、こんな感じなのだろうか?

12471367_1093657154011799_3698169256428693740_o.jpg

散歩に来て嬉しそうだけど、なんだかあまりテンションがあがらなかったポンちゃん。
キラキラ輝く太陽の下で遊ぶほうが、やっぱり楽しい。
家に帰って、熱いホットチョコレートでも飲んで、
ポンチャンはクッキー食べて、その後昼寝でもしよう。
関連記事

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。