スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダの3月:メープルシロップのスキレットケーキ Pouding chômeur au sirop d'érable

 01,2016 15:16
_DSC0565 copy

POUDING CHÔMEUR AU SIROP D'ÉRABLE😋🍴🇨🇦
Pouding chômeur (literally unemployment pudding or poor man's pudding) is a dessert that was created by female factory workers early during the Great Depression in the province of Quebec, Canada.
Today, pudding chômeur is casually served as a regional dessert, perhaps being a bit more popular during the saison des sucres, when maple sap is collected and processed and is usually part of the offerings during a meal at a sugar shack even though it's not specifically a maple dessert.
The pouding chômeur is a basic cake batter onto which a hot syrup or caramel is poured before baking. The cake then rises through the liquid which settles at the bottom at the pan, mixing with the batter and creating a distinct layer at the bottom of the dish. The syrup or caramel can be made from brown sugar, white sugar, maple syrup or a combination of these.

あっという間に3月。
Saison des sucres メープルシロップ収穫シーズンが始まりました。

フレンチカナディアンの大好物のお菓子、Pouding chômeur au sirop d'érable
直訳したら、生活保護受給者のメープルシロップケーキという、
なんだか物凄い名前になる。
これは、世界恐慌の頃の、厳しい経済状況で職を失った人が沢山いた時代に
良く作られたケーキだから、こんなひどい名前がついたのらしい。

このプディングショマーを職場で作ると、その匂いをかぎつけた同僚たちが
次々にキッチンにやってくる。


_DSC0554 copy


パンケーキの生地みたいなやつを、焼く容器にちょっと入れ、
そこにメープルシロップをたっぷり注いで焼く。
物凄くケーキが膨らむ。
焼きあがりは、ケーキがぶくぶく熱してあわ立ったメープルシロップに浮いている感じ。
徐々にケーキがシロップを吸い取って、しっとり落ち着く。


_DSC0575 copy


想像がつくと思うけど、物凄く甘い。
りんごのスライスと5%のクリームをかけて食べた。


_DSC0580 copy


ケーキのそこは、しっとりとこんな感じ。

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。